44

【 作家からのコメント 】

お花の良さを一人でも多くの人に感じもらいたい

  お花のある暮らしを楽しんでもらいたい

        もっとお花が身近になれるお手伝いができたらいいなと思います。